2018年3月31日 (土)

ニコン AiSニッコール50mmF1.8(水着ポートレイト編)

Emどうやら大陸でのフィルムカメラのムーブメントは一巡したらしく、ネットオークションの動きも緩慢になった。もともと、既にペトリ2.8などというカメラは売れないのだから不良債権化は致し方ないな。それにしても、一時期は完全に価値がゴミであったカメラがいい値段で旅立って行ったので、ヤードにはまだ400個くらいのカメラやレンズが残っているのだが、ひとまず「遊んで楽しんだ」というのを換算すればプラスマイナス0くらいに大粛清の嵐は効果を得た。残りはボチボチと売れていけばいいだろう。

I4凄惨な大粛清だったが、それでも一応フィルムを通すことはできた。1本のフィルムを2台に分けるような撮影だったが、それでも満足だ。

カメラを処分するのに比べると抵抗があるのがやはりレンズだ。同じペンタックスのスーパータクマー55mmF1.8だって厳密には個体差で写りが微妙に違う。それに、拙僧の持っている物件はツアイスでもなければロクな価格がつかない。ならばとって置きたいというのが心情だ。

I15拙僧は科学的なレンズの検証は全く興味が無いのだが、それなりに蘊蓄は傾けたい欲求がある。個人的にはデジカメにフィルム時代のレンズをつけたレポートには関心がない。拙僧も一応、蘊蓄を傾けてイイなと思っているのは何十枚もの印画紙に焼いた経験があるからだ。その中でも標準器となる水のようなレンズが本レンズである。

本レンズは拙僧が初めてか2番目に買ったレンズである。本レンズかコシナ20mmF3.8かどちらが前後したのかは忘れてしまった。当時のフジヤカメラで1~1.2万円くらいだったと思う。本レンズも香港や海南島、シアトルに連れてっており、印画紙にも何枚も焼いた。非常にプルーフ的な素直なレンズで拙僧のレンズの評価の基準となっている。
今回、拙僧が20代に頃に初めてポートレイト撮影を行い、それが水着ポートレイトだった写真のプリントを読み込んだものが見つかった。

ご覧いただければ幸いである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

レトロパン320ソフトでポートレイト

Image296今回の写真というかネガはいずれ「ガンガールズ」シリーズでも展示する予定なのをご了承いただきたい。

前々からフォマのレトロパン320ソフトというフィルムに興味があって、何かを買ったついでに1本買ったのだ。しかし、現像液を選びそうだし、現像もナーバスなようで使うのを先延ばしにしていた。それを先日のクリティカルなポートレイト撮影で投入したのだ。

Image326
結果的には「ソフト」という命名とはかけ離れたハードボイルドなフィルムである。荒々しい粒子と硬調が昭和感たっぷりだ。拙僧がこれを「国府宮はだか祭」のスナップを撮ったのなら小躍りしただろう。

しかし、被写体は柔らかいモデルさんなのだ。表現としては非常に面白いのだが肝心なのはモデルさんの評価なのだ。要するに「綺麗で可愛く」写っていればよい。

この暴れ馬のようなフィルムをそれなりにポートレイト写真として観れるのは、モデルさんのクオリティが高いからだとしか思えないな。ヤシノン5cmF2のパフォーマンスでもなければ、決して拙僧の腕前ではない。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

フジブロFM3とバリグレードWP

Photo今年もお付き合い頂き、ありがとうございました(mm。

今年のビッとしたことは、かなり過日になるのだがポートレイト撮影会の合同写真展に展示したのだ。

予算の都合上、「古アパートを改装したクラフトワーク共同工房兼販売所」みたいなところで展示をしたので、来場者は少なかった。というか、そもそも建屋の来場者が少なかった。前に人がすれ違うのも困難なほど人が入っていたことがあったのだが、あれは有名なテナントが一時的に入っていたのだろうか。

今回の話は印画紙が主題なので添付画像に注釈を入れさせていただきたい。

これは六つ切りのバリグレードWPを3号で焼いたものである。もう少し焼き込んだほうが好みなのだが、モデルさんの視点からすると、この塩梅がいい気がしたのだ。

Photo_2そうはいってもプリントを展示するのは良い気分だし、モデルさんも数人いらしてくれて開催して良かったと思う。できれば写真家や芸術家を気取っている、いけ好かない連中も見に来て下さるギャラリーで展示したいものだが、予算が3倍以上になってしまうので難しいな。

この「なんちゃって高校生」はリサイクルショップで500円で買った期限が何時切れたかさっぱり想像ができないほど風化した四つ切りのフジブロFM3のもの。100シートだったが、案の定、不用意に袋を店員が開けたらしく異常感光していた。しかし、3/4以上は使い物なったのでラッキーだったな。

ちなみに「なんちゃって」は上の方ではなく、下の方にだった。撮影終了後に判明したのだが、現役中学生のポートレイト写真を撮るというのは軽く犯罪的に感じたぜよ、おっさんは。

Photo_3でも、ガンガールズシリーズはそのうち何とかしたいと思っている。ギャラリーを借りるのは無理としてもパブやカフェの壁は借りられるだろう。そういう箱が名古屋にもあるのよ。

もっとも、拙僧の写真を写真家や芸術家気取りの方々に評価して欲しいとも思わないし、変な感想を言われるとイラつくだろう。しかし、自分としても区切りというのはつけたいな。何しろモデルさんのクオリティは大変満足なものであるからな。

柔らかいアウトラインと質感の女子と無機質でマテリアルの質感のガンの組み合わせは面白いと思うのだが。極めて少数の方々にだけ評価していただければいいけど。

ちなみに、このコルトパイソンの女子は期限キレの四つ切りフジブロFM3で焼いている。

Photo_4D3とD3xを使い分けて真面目に画像データを弄るメンバーから「なんで期限キレの印画紙を展示会に使うんですか」と質問があった。彼は高校時代から写真を始め暗室の経験がある。画像データの補正も繊細かつ正確で念入り。彼からするとゴミも焼き込んで、時折プリントに焼いたネガが斜めになっているのも気になるようだ。多分、暗室時代からそういうポリシーであり、現在もであろう。実際に彼の撮影した画像は撮って出しの画像とは明らかに一線を画しており肌色はどのプリントも均一で質感がある。

拙僧などは、このペンタックス6x7にタクマー55mmF2.8で撮影したアクロスで質感を出そうとしちゃうのだが、真逆のアプローチだな。しかし、彼のプリントのいくつかは拙僧から見ても極めて魅力的だった。

この感度のよい女子は四つ切りのフジブロFM3である。

Photo_5それで、どう答えたのかというと「期限が大幅に切れた印画紙はラチュードが狭くなって眠くなるんですよね。なんだけど、感光時間が絶妙に決まるとガンの質感が黒く沈んでモデルさんの肌を抑え気味にディテールを表現するんですよね」と答えたのだ。

D3氏は「意図があるならいいんです」とか「それでも僕はゴミを見てしまいます」とおっしゃった。ゴミに目が吸い付けられてモデルさんの顔に関心が向かないなら、それはゴミのせいではなく拙僧の写真が下手なんですよと軽口を叩いてしまったが、タマにはいいよな。この撮影会のメンバーとはうまくやっていきたいので発言は気を付けているのだ。

勿論、本当の理由は「安く転がっていたから」である。

この写真は六つ切りのバリグレードWPで、期限キレと言っても1~2年ほどだと分かっているので、それなりに容易に調子を出すことができる。

Photo_6実際、どうかというと期限キレがそれほどでもなければ焼くのは楽だし調子の幅も広い。例えば、このフジノン55mmF1.8のプリントはバリグレードWPだが艶のある柔らかい諧調とアウトラインは風化したフジブロFM3では出せないだろう。

しかし、印画紙は高くなった。フィルムについては楽観的だ。しかし、この際、活きのいい印画紙を新品で買おうとしたらバリグレードWPが製造中止になっていたのだ。ビック.comでも在庫限りだったので六つ切りの20シートを2袋買ったが、まだ残っていたら2袋くらい追加注文しようかなあ。

かつては、もっぱら期限キレか期限切迫の安売りしていた印画紙しか使わなかったが、そんなものは既に流通を終えていて新品の印画紙の選択肢も狭くなっている。それでもフジフィルムの印画紙は新品を買うことはできるが、イルフォードの印画紙なんて高くて買うのは不可能だ。フジフィルムも残ったのはフジブロだけなので、今後は単号紙しか使えないことになるな。

Photo_7今回、焼いてみた個人的な感想なのでテクニカルには全く根拠はないのだが、期限の風化した印画紙だと黒が先に沈む気がする。この四つ切りのフジブロFM3で焼いたプリントは明らかに感光不足なのだが、ポートレイト写真としていい感じなので展示した。実際には肌ももう少し焼き込んだプリントも焼いたのだが、ポートレイト写真的にこっちの方がモデルさん映えすると考えたのだ。

100シートの印画紙は使いきって、後は同じようにリサイクルショップで500円で買ったフジブロFM4と期限キレで安く買ったり頂いたりした複数のブランドのキャビネ判の印画紙が200~250枚ほど、L判のフジブロFM3が100枚ほど残っている。これらを使いきったら暗室を作るのも覚悟が必要になるだろうな。

4号の単号紙なんて使い道が限られるのだが、試しにスナップ写真でもプリントしてみようかなあ。拙僧のブログやコンテンツの主題である「レンズの描写で蘊蓄をたれる」という素材としては使いづらいけど。それにしてもテスト焼き用の印画紙の大きさも小さくなるだろうし、それだってシリアスに扱うことになるだろう。

それでも、フジフィルムが現在の価格帯で印画紙を供給し続けてくれるのを祈るばかりなのだが。

本ブログはフィルム写真が無くなったら存在が難しいかなあ。

文章は同じなのだが、大きな画像を用意したコンテンツもご覧いただきたい。

本年もありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

キヤノン EF50mmF1.8

Dscn5787半島がきな臭い雰囲気になっている。でも、結局何にも起こらないんじゃないかな。あのタロットとかいう大統領は口はでかいが意外とチキンな気がする。もちろん、商売は上手いのだろうが安全保障の外交、つまり軍事行動を含めた交渉術はよく分からないんじゃないかな。これがブッシュだったらとっくに核やミサイル施設を爆撃しているだろう。特に帰国した留学生が昏睡状態で死んでしまったことの世論の反応は決して少なくないと思うのだが。

Img_8756いずれにしても上陸作戦はないんじゃないかな。イラク戦争の時に第二次世界大戦型の伝統的なソビエト式パックフロントの説明を真面目にしていた軍事評論家が少なくなかったが、そんな時代ではない。北なんて通常兵力はゴミみたいなもので、そのままミュージアムになりそうなものだからステルス爆撃で指揮系統と破壊すれば事実上軍事行動はできないだろう。やる気になれば数ソーティの空爆で北の軍事脅威やインフラ施設は24時間以内に機能できなくすることは可能だろう。しかし、多分、そんなことにはならないんじゃないかな。

中国に多くの工場を持つファミリーで儲けているタロット大統領がきんぺーさん「xxは転がしておきましょうや。その気になれば瞬殺っすよ。その後の国境線のひき方は和気あいあいということで」なんて密約がかわされている気がする。

キタムラのフォトカルチャー会員になっても感材は安くなるが名古屋での撮影イベントは少なかった。ところが、最近ポートレイト撮影に熱心な講師の方が企画を立ち上げているのだ。それが結構面白いので毎回参加している。毎回と言っても2回目だけど。こういう企画は長く続けていただきたいものだ。ポートレイト撮影といってももっぱらプログラムAEで撮影している拙僧だが、講師の方が絞り開放の伝統的なポートレイト撮影を指導してくださるので試してみたよ。

しかし、EOSキスX4のファインダーでモデルさんの手前の眼にフォーカスがあっているか確認するのは難しいなあ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

京セラ コンタックスT2

Dscn8084今、ラジオ雀の中ではキンチョールのCM、「金鳥少年:高山さんと大沢くん」の胸キュン恋愛ショートストーリーが完結すると話題だ。これは去年の夏の「中学2年生編」に続いて「中学3年生編」が今年放送となったのだ。恋愛に目覚めた奥手の大沢くんの慎重なアプローチを性に2歩進んでいる高山さんの思わせぶりな対応が大沢くんを戸惑わせ、緊張(金鳥)させる。思わず青春を感じさせられるのだ。それに静かに押し殺したような声の高山さんの対応がちょっとセクシーくてドキドキする。多分、放送は来週の1週間だけだし、今年はTBSでは放送しないらしいので、文化放送とニッポン放送に「Check it out!!」。

Image110さて、個人的に完結をむかえたのがコンタックスT2との関係だ。コンタックスT2は素晴らしいカメラである。特に黄昏時にアクロスをつめた時のぎりぎり残る諧調は大好きだ。

しかし、なんだか今やたらと高騰しているらしいのだ。確かに拙僧はカメラ・レンズの旧資源を大粛清しているのだが、コンタックスT2は残すつもりでいた。その覚悟を覆すくらい売り時なのである。最初、委託で出したのだが、その時も買い取り価格を聞いた。それはちょっと惜しいなという価格だったのだが、この夏のボーナス時期で相場が上がったのか、先日愛知県美術館に行った際に名古屋のカエルカメラで査定したら、ちょうどR1-Zのフロントサスとレギュレーターの修理をして、中古の東京マルイのグロック26を買ってもお釣りがくるほどの価格だったのだ。速攻で売っちゃいました。そういえば、中古カメラやでカメラを売るのは初めてだなあ。キタムラで下取りに出したことはあったけど。

Image8それで、「ありがとうコンタックスT2」ということで、既存のコンタックスT2のコンテンツに多くの撮影画像をついかした。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

オリンパス C-AF

Dscn8736とうとう1週間に1度の更新を飛ばしてしまった。特別、アクセス数を気にするようなブログではないのだが、やはり定期的に見てくれる方がいらっしゃるので申し訳ない。

正直ってちょっと夏バテなのだ。夜は寝れないし昼間は頭がはっきりしない。タイピングには大いに支障が出てイライラしてしまうな。それでも、今回は守れなかったが週一の更新は続けるつもりなので柔らかい目で見ていただきたい。

Image6本カメラはパッと見はコニカC35AF(ジャスピンコニカ)のそっくりさんである。しかし、実際にはかなりクレバーなAFユニットを搭載している。どうも、AFユニットはセイコーと共同開発だそうで、例の忌々しいハウネルのマークが存在しない。見てくればかりのミノルタハイマチックAFとは段違いのレスポンスである。

しかし、本カメラはオートボーイ(初代)よりも2年遅い登場なのだ。世代的にはオートボーイスーパーと同世代になる。オートボーイは早々にカメラの全自動化を完成に近い形で実現したから、やはり手回しの遅さが目立つ。せっかくのD.スイコーの写りも正当に評価されなかっただろう。

オリンパスは夏バテしていたわけではないが、XAシリーズの大成功で次の手を打つマインドの切り替えに失敗したとはいえるだろうな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

フジフィルム フジカ TW-3

Dscn4222世の中は21世紀らしいのだが、拙僧のマインドは90年代でほぼ占められている。最近、「GLIM SPANKY」が加わったが、基本的にユーノスロードスターNA8で流しているのは「ブルーハーツ」か「ハイロウズ」、もしくは「ブランキー・ジェット・シティ」である。甲本ヒロトさんの歌詞がグッとくるのだが真島昌利さんの歌詞だってハートをつかむ。

そんなマーシーさん「青空」というバラードがあるのだが歌いだしは「ブラウン管の向こう側、カッコつけた騎兵隊が・・・」なのだが、考えてみると今時リビングにブラウン管TVを置いている家は少ないよな。そもそも、「ブラウン管」という単語は日常会話では死語になっているんじゃないかな。

Image2本カメラは80年代に登場した全自動型ハーフ判コンパクトカメラなのだがTV撮影モードがある。このころはTV画面を撮影したいというニーズが少なからずあったようで、そういった機能を持ったカメラは少なくない。

しかし、一眼レフカメラならともかく、そうでなくても大体な感じのビューファインダーで固定焦点(パンフォーカス)のカメラでTV画面を撮影するのは、なかなか大変だったんじゃないかな。ちなみに、拙僧が専門学校生でコンピューターグラフィックスをかじっていたころは、ブラウン管モニターにマットブラックで内側を塗った段ボール箱に穴を空けて小さな穴にレンズの先端を突っ込んで一眼レフカメラで画面を撮影した。機種は覚えていないが、何かしらの機械式シャッター機だろう。

何かと突っ込みどころの多いカメラなのだが、後の廉価コンパクトデジカメの起源と感じる点も多い。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

オリンパス μ2

Img_7431前回、μ(初代)について報告させていただいた。一読すると、μ(初代)を酷評している風に読めるけどそうではない。どのカメラも長所と短所があり、μ(初代)の「壊れる」という短所は一見「長所」に見えることが原因となっている場合が少なくない。もちろん、オリンパスのさじ加減も含めてだ。それ自体は古いカメラだから仕方ないにしろ、そういった短所を「お偉い写真家さんが使ったから」という理由で目をつぶってしまうのは、反権威主義者の拙僧には如何なものかなと思ったわけだ。

Image17本カメラに関してはブログ+HPのコンテンツというスタイルが確立し始めたころに牧歌的なコンテンツを書いたのだが、ロクに使っていない頃なので全面的に書き直した。

コンテンツを作るにあたり、改めて本カメラでモノクロフィルムを1本通したのだが、意外と本カメラで撮影したカットが多かった。要するに気に入っていたのだろう。

それで写りがμ(初代)に比べて良いかイマイチなのかよくわからないのだが、安定的ではあると思う。もっとも、プログラムAEの指向に問題がないわけではない。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

フジフィルム ミクロファイン

Dscn3994_2 今回もコンテンツを作ることができなかった。全く申し訳ない次第である。
 やはりメインPCのクラッシュが痛い。運よくストレージメディアの画像が復旧したのでロストした画像は少ないのだが、HPのコンテンツデータの最新がサーバ上にあったのだ。困ったことにFFFTPがプアなのか、サーバ上のデータを一気にダウンロードすることができず、数十回に分けてダウンロードすることになった。時間もかかるし、それにかかりっきりになっていたわけではないが1.5日は、かかってしまったな。そのサーバ上のデータとバックアップHDDからサブPC(旧PC)に環境を構築して、その環境を2重にバックアップをとった。
 工場からメインPCが戻ってきてからも大変で、当然ながらデータもアプリケーションもキレイさっぱり消えている。まずはバックアップHDDからデータを転送し、アプリケーションをインストールしてひとまず環境は構築した。そうはいっても、既にサブPCでフィルムのスキャニングなどを行って稼働状態にあるので、すぐさまメインPCへ稼働を移すわけにはいかない。更に困ったのは、以前は動いていた20年前のホームページビルダーが動かなくなってしまった。拙僧は個別のコンテンツはHTML文をテキストエディタで書いているが、アイコンを並べたメニューはホームページビルダーで貼り付けているのだ。そうでなくても、20年前のペイントショップがメインPCで動かないのでフィルムのスキャニングはサブPCで行っていた。この際、Windows7で動いているサブPCをメインPCに昇格したくなるのだが、これはこれで動作が不安定なので悩みどころである。かといって、今更、Windows8.2に対応したホームページビルダーを買うなんて考えられないからな。互換性のあるフリーソフトが無いだろうか。グラフィカルなHPエディタってないのよ。

Dscn3993_2 それで写真関係のモチベーションが下がっているかというとそんなことはない。この3週間ほどで12本のモノクロフィルムを消費したしな。今回は何かとナーバスそうで買った物の敬遠していたミクロファインを使用してみた。
 イキナリ、TMAX400やオリエンタル400をアクロスと同じパターソンにぶち込むのは気が引けたので、アクロスのみを8本処理した。後で気づいたのだが、ミクロファインの処理能力はアクロスで8本だそうだ。危なく無理をするところだったな。勿論、拙僧のいい加減な現像だから、現像時間は18度で12分30秒、20度で10分と書いてあるのだが、押せばいいと思っている。ひとまず、水温が18度まで上がるのを待って処理を開始し、最後の方は20度を超えていた。拙僧のざっくりな時間管理だと14分から16分くらいで処理。ひとまず絵は出ているようなのだが、ちょっと焼き辛いネガになったようだなあ。
Image23 ひとまず、最後に処理したペトリカラー35Eからμ2、SMCペンタックス50mmF2.8マクロと3本をPCにスキャニングしたのだが、やっぱりナーバスのようである。明らかにSMCペンタックス50mmF2.8マクロはカリカリになっている。もっとも、ペトリカラー35Eはそれほどでもないから、やっぱり古くてペトリのような大らかなレンズの方が拙僧の雑な現像に耐えるのかもしれないな。
Image139確かにネガの微粒子感を感じることはできるのだが、調子が硬いというか厚みがないというかデリケートで印画紙に焼くのも苦労しそうだ。とにかく、拙僧にとっては粒子がどうこうよりも雑に扱ってもそれなりに絵が出ることが重要だ。今後はアクロスだろうがTMAX400だろうがSPDかD-76で大体なネガを作るつもりだ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

オリンパス μ(初代)

Dscn4992最近、ちょっと更新が遅れ気味なのだが、ひとまず週に1度の更新はキープしている。ただ、日記系ブログが多いのが否めない。理由は簡単でコンテンツを作れないのだ。拙僧のブログはカメラから派生するちょっとした話題を切り口にブログを作り、そのカメラを詳しく綴ったHPのコンテンツへのリンクを貼るという体裁である。しかし、そのコンテンツを作る時間が、ちょっと作り辛くなってしまったのだ。

Image34それで撮影へのモチベーションが下がっているかというと、そんなことは全くない。感材も価格が上がってデジの比率が高くはなったが、やっぱり撮っても眺めても楽しいのはフィルム写真、特にモノクロだ。

ただ、最近はモチベーションが上がり過ぎたのだか、本気でコンタックスRXにプラナー50mmF1.4とかディスタゴン28mmF2.8とかでポートレイト撮影をしている。最早、プラカメでも何でもないな。なので、久しぶりに安すぎもせず、高級でもないイイ感じのポジションのプラカメを紹介させて頂くことにした。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧