2022年11月12日 (土)

理研光学 ベストオリンピック

Dscn4370

拙僧の病気がずっと込み入っていた時、安い中判カメラを蒐集していた。まだ、500円も出せば120判モノクロネガが買えた時代である。一時期は中判カメラが高騰した時期もあったのだが、今となってはフィルム代も高く店に出せば現像代も高く、一部のカメラを覗いて中判カメラの価値は急落してしまった。先日などは綺麗なバロンシックス(革ケース付き)を100円で落選したしな。いやいや、買っている場合ではなく現在もフィルムカメラに限らず、拙僧のガラクタの大粛清は続いている。

もっとも本カメラは中判カメラといっても127判、いわゆるベスト判カメラだ。これも一時期はクロアチア製のエフケしかなかったのだが、その後ローライブランドのモノクロネガが加わった。今(2022年)でも「かわうそ商会」で127判フィルムはモノクロネガの他にカラーネガやカラーポジも売っているようだが1800円くらいして気楽に買えるものではないな。もっとも、バカみたいに高額になったコダックに比べたら買えない価格帯ではない。

 

Img034

拙僧の個体は貼り皮がセンスのイイ木目調にやっつけ仕事で替えられてモデル名もよくわからなかった。そういうカメラを買うというのもどうかと思うな。ひょっとしたらネットオークションじゃなくて中古カメラ市でゴミ同然の価格で転がっていたのかもしれない。

銘板に「Olympic」とあるのオリンパスと関係があるのかと思ったら理研光学、つまりリコー製だということが分かった。

レンズに汚れはあるもののちゃんとしたフィルムを詰めて慎重に撮影すれば、それなりの絵作りをしそうだ。手元には期限が15年以上前に切れたエフケしかなかったので、撮影して現像でおしにおした。それでひとまず絵が出てきたのだが、それでフレッシュなモノクロネガを買って撮影するかというと、ちょっとそれはしんどいかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2022年11月 4日 (金)

太陽堂光機 ビューティーフレックス

Dscn2500

ビューティーフレックスである。「ビューティー」などと口走ると「ルッキズム!!」と弾劾されそうな世の中だ。キューティーハニーさんも令和の世の中では活動しづらいだろうな。そのコスチュームも含めて。

そもそもメーカーや発信者(最近はxxチューバ―とかいう)というのは自信が無いと綺麗だったり立派だったりする単語をつけたがる。ファーストとかゼニットとかだな。もっとも、そういうのはそれなりに自立性があって権威に寄せるネーミングに比べたら清々しい。つまりイコンとかコンタックスとかライカとかを髣髴するブランドは多かったし、今でも生き残ったり全く予想もしなかったベクトルで苦しんでいたりする。市場というのは冷酷だなあ。

663

それで本カメラのメーカーである太陽堂光機だが、拙僧が人生を始める前に工場を閉じてしまったようだ。もっとも、太陽堂というカメラ店は、拙僧が上京して青春を謳歌するころにも存在した。なかなかフェアな商売だと聞いているが、やはりフィルムカメラを主軸とした中古カメラ店というのは難しく、令和を迎えることはできなかったようだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2022年10月18日 (火)

ニコン Aiニッコール85mmF2

Dscn4745かつてライカ判カメラでポートレイト撮影にもっとも向いたレンズが85mmだとされた。なので同じ中望遠でも105mmとか135mmよりは割高な値付けになっていた。最近のデジカメ事情はよく知らないのだけれども、ひょっとしたらライカ判撮像素子のミラーレス一眼でポートレイト撮影の主力は今でも85mmなのかもしれない。

85mmF2というのは比較的フレンドリーな価格帯だったが、それでもそれなりの価格帯だった。あまりジャンクとかバーゲンとかでは出ないレンズだ。もっとも、主力は85mmF1.4で、お金を捨てたいブルジョワの爺とかは喜んで京セラコンタックスのゾナー85mmF1.2にしてケースから出さなかった。そういう意味でいうと85mmF2というのはスリムで軽いし何しろ戦闘的なので実際の撮影では効果を発揮した。

Img303

拙僧は長いこと85mmという焦点距離は手が届かずにいた。それで困ったかというとオートニッコール105mmF2.5やらAiニッコール135mmF2.8で困ったことは無い。しかし、無いと憧れは募るものだ。

Hオフで見かけた本レンズは6000円台と85mmF2の割には安かった。安いのには理由があって前玉に目立つ傷がある。もっとも、拙僧は前玉の傷の一つや二つで写真が曲がるという連中は信用していない。バトルダメージがあってこその戦闘的な撮影が可能なのだ。見た限り傷以外には不具合無しだったので拾い上げた。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

ニコン AiAFニッコール50mmF1.8D

Dscn1950_20220923091301

あの、我々のニコンが厳しい戦いを強いられているようなのだ。かつての「キヤノンと比べると分が悪いなあ」という程度ではなく、激戦区で秀でているのはソニーのようで家電メーカーのパナソニックもミラーレス一眼は苦戦しているらしい。やはりマイクロフォーサーズはライカ判フルサイズの前に足を止めたのだろうか。

拙僧も聞きかじりなのだがソニーはムービーカメラで培ったノウハウをスチルカメラにもふんだんに盛り込んでいるのだ。いや、スチルカメラというのは正確ではない。今、カメラに求められているのはYouTubeに親和性の高い動画カメラなのだ。ソニーのαはそこが秀でているらしい。実例を挙げると、ユーチューバーが商品を手に取る。そして、床に置くとニコンやその他のカメラは全景から近景へのスムーズなオートフォーカスの追随がソニーに劣るというのだ。これはムービーカメラならではのフォーカスの移動のノウハウであり、他のメーカーが及ばないらしい。

Image83_20220923091301

それで我々が困っているかというとそうでもない。拙僧のモデル撮影仲間がもっぱら使用しているのはデジタル一眼レフや旧式のミラーレス一眼である。拙僧個人は*istDLとかD70で写真が曲がるとは思っていないからな。600万画素級くらいの撮像素子の方がモデルさんが写って好ましくないモノが大体しか写らないから都合がいいくらいだ。

もっとも、そんなことが言えるのはニコンがひとまず体裁が整っているからで、民生カメラ終了とでもなれば時代が一つ終わるな。

本レンズはAF用レンズで、既にデジタル一眼レフが登場した頃のレンズだが、勿論フィルムカメラでモノクロネガを通してもパフォーマンスは素晴らしい。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

ヤシカ ML42~75mmF3.5~4.5(ヤシコンマウント)

Dscn6974なんだかえらく久しぶりの更新になります。

なんで本ブログが開店休業状態になってしまったかというと3つの理由があります。

1つ目はコロナで祭りや素人モデルさん撮影会など撮影の機会が激減してしまったこと。時折、街スナップなどをしているのですが、不要不急の外出に白い目をむけられるようになって、嫌になっちゃたんですよね。

2つ目はインスタグラムを始めたこと。インスタグラムは続ければ続ける程、フォロワーさんが増えるので、ちょっと他のしいんですよね。

3つ目はカメラやレンズで検索しても引っかかりづらくなったこと。これが拙僧のコンテンツがつまらなくて、他の面白いコンテンツが活発ならばやり甲斐もあるのだけど、引っかかるのはネットオークションや海外の通販サイトだったりして、肝心の実のあるコンテンツがひっから亡くなったのだ。そういうのってモチベーションを下げますよね。

とりわけ3つ目の理由というのが深刻でブログ+コンテンツという拙僧の活動モデルを失い、ブログからインスタグラムへとモチベーションが流れたんですよね。

しかし、ペースを週1にするのか隔週1にするのかは決めていないのですが、ブログをさいかいすることにしました。理由は気づくと長い文章の構成能力がだだ下がりになっていたんですよね。インスタグラムにしろmixiにしろボリュームのある文章を後悔する場所でないですよね。なので、アクセス数がピーク時の何分の1になるのかわからないのですがブログを再開することにしました。

どうかお付き合いいただければ幸いです。

今回はヤシカブランドのヤシコンマウントのレンズです。今やヤシカという会社がカメラを作っていたという話題は、戦前の文学を語るようなモノだと思うのですが、だからこそ価値があるのではと話題に取り上げました。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2021年7月 3日 (土)

バルダ スーパーバルディナ

Dscn7725先送りになっていた三浦健太郎氏の「大ベルセルク展」が、9月10から池袋のサンシャインシティで開催となった。行きたいし行く。しかし、三浦健太郎氏が若くして逝去し、物語が佳境で絶筆となると足が重くなるよな。最初で最後の「大ベルセルク展」、コロナなんかが蔓延していなければ氏も観ることができた、つくづく惜しい。

それで帰京となれば散歩写真も楽しみたいのだが。コロナのおかげで拙僧の大好きな喧騒というのは随分と寂しいことになっているらしい。また、アフターコロナで賑やかになれば閑散とした上野や浅草を撮るのも思い出にもなるのだろうか。

故郷に帰っても友人たちと飲んで騒ぐというわけにはいかないろう。寂しい帰京となりそうだ。

Img362バルダというメーカーはライカ至上主義者でなくても興味のない方はてんで興味のないカメラだろう。しかし、ねじ式巻き上げのバルダマチックとか興味深いカメラを出している。それに廉価な三枚玉の写りがイイ。これがラジオナーとかになると拙僧と相性が悪いのか残念な結果になってしまう。

スーパーバルディナというとフォールディングカメラが有名だが、これはリジットのモデルである。この方がモダンで使いやすいのは論を得なない。

バルダもカメラ製造をやめてしまったが。会社は現在でも存在し光学機器も作っているようだ。

今回の帰京では拙僧の好きな海外中級機に出会えるだろうか。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

三協光機 スーパーコムラー200mmF3.5

Dscn2436随分過日になるのだが「ベルセルク」などの著名で有名な三浦健太郎氏が急逝した。54歳。あまりにも早すぎる。これで「ベルセルク」は絶筆になってしまった。ガッツとキャスカが笑う日は来ないのかよ。あまりにも悲しすぎる。思えば「ベルセルク」と出会ったのはアニマルハウスで高校生の頃だった。その後、掲載紙に恵まれず、何度も掲載紙を変えながら連載を続けてきた。今度ばかりは続くことはあり得ない。気づけば三浦健太郎氏とあっしは年齢で6年しか違わなかった。高校生の頃の拙僧からすれば6歳年上というのは大人だが、今となっては同輩と変わらないよ。

コムラーというブランドは中古カメラ・レンズを好む方なら知らない方はいないだろう。その消滅に関しては謎が多い。Lマウントレンズから映写機用レンズ、大判用レンズまで幅広く活躍したコムラーの消滅も、当時は惜しまれただろう。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

サムヤン(?) maginon28mmF2.8

Dscn2860韓流ブームというのは我が国にとどまらず世界のカルチャーシーンに幅広く浸透しているようだ。何だか実感がないがビルボードにチャートインするくらいだからな。 欧州ではわからなけど北米では一定の支持があるようだ。そういえば「ブリジットジョーンズの日記」最終章でも「カムナムスタイル」が流れていたしな。欧州でも認知はされているのかもしれない。それはそれだけの話のようだが、困ったことに韓流の著名人は大小有れど反日ロビー活動を行っていることだな。拙僧のブログは「今起こっている政治的な活動」からは距離を置くのがスタンスなので話を展開させないが、そういうのに疎い我が国というのは残念でもある。

Img150レンズでも韓流が一定の市場を展開しているようだ。これが15年前だったらサムソンのミラーレス一眼なんて韓国人も使わなかったけど、野心的なラインナップと低価格で浸透しているらしい。共産中国のレンズも同様のようだ。以前であれば「こんなブランドのレンズをつけて恥ずかしい」というヒエラルキーが存在したが、グローバリゼーションの世の中では「ドイツ製」だの「純国産」などといったカビの生えた解雇主務を越えてくる。

何せ21世紀も20年も超えているのである。「ドイツの純潔なミューズの女神」などというのは1970年生まれの拙僧に先の第二次世界大戦を語るがごとしなのだろう。

それでフィルム時代のサムヤンもしっかり写るかというと、ちゃんとそんなことはありません。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2021年2月13日 (土)

アイレス IIA

Dscn8864拙僧の単車がカワサキのW650に更新してから半月が経とうとしている。といっても、下駄替わりに街乗りばかりで、少しは遠出をしたいものだ。もっとも、拙僧の行政区も「緊急事態宣言」だったりして県をまたぐ移動に制約が生じるような世の中だ。とはいってもこの界隈は田舎だから関東に比べればおおらかだ。東京近郊では世知が無い空気がより厳しいとも聞くな。

拙僧のW650のパワーポイントはオプションも含めていくつも上げることができる。

・おおらかで扱いやすいエンジン特性とワイドハンドル

・トルクフルで90km/hくらいまでは意外と速い

・キャブ車でキック付き

・サイドバック用フレーム付き

・小気味よいサードパーティー製キャブトンマフラー

・品のいいワイドリアキャリア付き

・前後で3万円のタイヤ代

・眺めて美しい空冷フィンのエンジン

なんとも、拙僧の「キャンプツーリング」に向いた単車なのだ。

Image17 ところが、どうもスッキリしないのだ。なんだか、よく出来過ぎている。いや、理由は分かっている。ある種の美学を持っている単車なのだが、その美学が極めて「おっさん単車」なのだ。いや、拙僧も既に「おっさん」である。なので単車との相性はピッタリなのだが、なんというか「自分のパフォーマンスを越えたモノ」という感覚が無いのだ。それだって、R1-Zでピリついた走りをするのに限界を感じていたのだから納得のベストチョイスなのだが、自分が「おっさん」だと認めるのが寂しいのだなあ。

本カメラも見てくれは「おっさんカメラ」なのだが、我が国で初のブライトフレーム内蔵カメラの直属なのだ。当時としては先端技術だっただろう。「おっさん」とは失礼極まりない。

それで写りも現役なら最高なのだが、写りはやっぱり「おっさん」な感じだ。悪い感じではないのだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2021年2月 6日 (土)

旭光学 ペンタックスSPF

Dscn7774今年になって単車をヤマハR1-ZからカワサキW650に乗り換えた。随分と方向性の違う単車だが、R1-Zの状態は絶好調だったものの人間の劣化が否めなかった。つまり単車のパフォーマンスに人間が追いつかず、「危ないな」と思うシーンが何度もあったのだ。これはR1-Zに責任があるのでなく、単純に拙僧の腕が下手だからだ。

かといってW650は随分とテイストの違う単車だ。実は拙僧が目をつけたのはスズキのSV650だったのだが店に行ったら既に売れていたのだ。それでW650が目に付いたのだがメッキも美しく、USB端子、サイドバックカバー、キャリア付きシートレール。それにグリップヒーターもついていてキャンプツーリングにはもってこいのオプション付き。タイヤも前後3万円くらいで財布に優しい。車検はあるのだが、拙僧は大型免許をとってから大型車は所有したことが無いのだ。W650だと大型車というよりも中型車という感じだが、大きさや重さ。豊満なトルクは2st250ccとは異なる。

正直、「とっつあんバイク」と思っていたのだが、実際に拙僧も「とっつあん」なのだから、こういう単車が似合う年なのだろう。

Dscn1634ペンタックスSPFもそういう「とっつあんカメラ」なのだろう。しかし、そのオールドタイマーな風体が若いフィルムカメラのニューカマーに人気のようである。

露出計は壊れている可能性は高いが機械式シャッターは元気に動く。拙僧など外光露出計を使っているからペンタックスSPもペンタックスSPもペンタックスELも特に使い分けてはいない。

R1-Zに比べるとびっくりするほど遅いW650だが、今更本カメラでフィルム写真を楽しむのも、徐々に人間が慣れて楽しくなるんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (6)

より以前の記事一覧