2019年5月17日 (金)

アグファマチック4000ポケットセンサー その2

Img847 実は先週末からイルクーツクに帰省していた。東京に帰ることはちょいちょいあったのだがイルクーツクまで足を延ばすのは3年ぶりくらいになるな。割とイルクーツク時代は黒歴史で無かったことにしているのだが、どうも頻繁に振り込め詐欺の電話が実家にかかっているようなのでリアル拙僧を久しぶりに見てもらった方がいいかなとも思ったのだ。拙僧に精神疾患を与えるほどイジメてくれたDV男は死んだしな。

ところが東京で2泊し美術館鑑賞とスナップ撮影を楽しみ、旧友と親交を深めたまではよかったのだが、ちょっと行程に無理があったのか高熱が出て実質3日間寝込んでしまったのだ。本来は西武イルクーツク線を活用して東京の美術館巡りをするつもりだったのだが、全てパーだ。

それでも、回復後の1.5日で巡りたかったほぼほぼの美術館とガンショップ、中古カメラ屋に寄れたのは幸いだった。

しかし、工程が大幅に遅れてしまったのでコンテンツを書く余力が無くなってしまった。なので、発掘したロモグラフィーのモノクロネガを現像したら写っていた蘇州をアグファマチック4000ポケットセンサーコンテンツに加えたのでご覧いただきたい。

大した写真ではないのだが、暖かい目で見ていただければ幸いだ。

| | コメント (2)

2019年5月11日 (土)

ペンタックス エフィーナ(初代)

Dscn2673令和になって最初のブログである。連休中は師団長兼妻が師団在住だったので思うように部隊を動かすことができなかった。もっぱら西暦を採用している拙僧だが、令和への遷移というのはそれなりに興味深いものだったな。

さかのぼって考えるに昭和の終わりというのは手塚治虫さんの御逝去とソビエトの崩壊だった気がする。平成の終わりはモンキーパンチさんの御逝去となるのだろうが、世界情勢の大きな変化となると共産中国の台頭だろうか。平成の時代を意味する世界情勢や社会風俗の変化を考えるのには、もう少し時間が必要のようだ。

09090031平成の時代に勝手に表れて勝手に消えていったフィルムフォーマットといえばAPS判になるだろうか。実際には「APS」というのは供給からカメラによる撮影、現像、プリントの全ての工程を表す新システムの総称なのだが拙僧のブログやコンテンツではあくまでもフィルムフォーマットとする。APS判はフィルムメーカーやカメラメーカーの長年の課題だった「フィルム装填時のミス」を解決するアイデアだったのだが、一方でインデックスプリントを失くすと何が写っているの変わらない使い勝手の悪い代物だった。モノクロ派の方々は自家現像できないし、ポジ派の方はマウントに乗らなかった。ポジのAPS判フィルムも有ったが、フォーマットは小さいし積極的に使いたいと思った方々は少数だろう。

現在でもフジフィルムの現像機はAPS判フィルムの現像にも対応している。しかし、西欧終了からかなり経過しているので残っているAPS判フィルムが健全である可能性は低い。比較的、良好なコンディションの物件も稀に見るが劣化は避けられない。拙僧が本カメラで撮影した結果も残念であった。久しぶりに戦闘的なスナップシューティングだったのだが。

拙僧のコンテンツは「カメラのディテール画像+与太話」で構成しているのだが、今回は不明瞭な小さい画像しか用意できなかった。つまり大粛清で外観画像を撮るのを忘れてジャンクセットで処分してしまったのだ。今更、APS判コンパクトカメラが入っていて嬉しいとは思わないだろう、数合わせになる。

令和早々、寂しい話だがコンテンツもご覧いただきたい。

   

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2019年4月27日 (土)

キヤノン キヤノデートE

Dscn4627_1 今回の主人公は先ほどの名古屋中古カメラ市戦争から派生したレモン社名古屋店攻略作戦で確保したキヤノデートEだ。しかし、画像を見て「おや?」と思う方は少なくないだろう。実は、この物件は後裔機のキヤノデートE-Nである。マイナーチェンジと言っていいくらいしか違わないのだが別物なのは確かだ。実は拙僧はそれに気付かず、コンテンツも作ってしまった。 

Dscn0318 本当のキヤノデートEはこちらである。実際に撮影したのはキヤノデートEなのだが、コンテンツの枕に表示する画像にキヤノデートEとキヤノデートEーNが混ざってる。拙僧の眠たいコンテンツの事なので穏やかな目で見ていただきたい。

Img431  もう一つ思い込みなのは、本カメラはニューキヤノネット17QL/ニューキヤノネット28のサブクラスという位置づけだと思い込んでいた。しかし、実際はニューキヤノネット17QLよりも若干高いくらいだ。最初、拙僧は不思議に思いつつもコンテンツを書いていた。しかし、自分で書いていて全く評価していなかったのだが、本カメラは量産品としては初めてフィルムに日付を写し込むデート機能を搭載したカメラなのである。今となっては邪魔くらいに思っているデート機能だが、当時はパイオニアであり市場を沸かせたに違いない。それに気づいて。一度は完成させたコンテンツを全面的に書き直している。無知と思い込みと相手に対する無理解は罪だ。戦争なら本土を空襲されまくるくらい負けているだろう。

ちょっとちぐはぐなコンテンツになっているかもしれないのだが、写りは素晴らしいカメラなのでコンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年4月20日 (土)

大同精工 ダイドーモデル1

Dscn3343 最近、ヤフーオークションで出品して値がつかなかったブツをメルカリにまわすケースが少なくない。それで、実際に結構売れるのだ。しかも、ヤフーオークションの時よりも強気な値付けをしても、モノの数分で売れてしまうことがある。メルカリは買う立場からするとアホみたいに高いし、セラーのマナーも悪いので、拙僧もあまいりよい思いをしていないのだが、売るとなるとメリットがある。メルカリのゆうパックは離島を除いて送料が一律なのだ。大きさによって値段は変わるが、同じ大きさなら北海道も九州も同じである。 これならメルカリのホーム画面に表示するアイコンの値段で買えるから通勤列車にもまれながら片手でうっかり押して買ってしまうだろう。

Img386先日、10代・20代のサバイバルゲーム仲間と食べ放題しゃぶしゃぶ屋で20代女子が10代男子に「サバイバルゲームの中で恋人を探すのがよい」 というようなことをおっしゃっていたのだ。拙僧はおっさんだから、うるさいと思われても嫌なので遠回しに「趣味も恋人もサバイバルゲームじゃ人生ツマラナイんじゃないかい」というようなことを言ったのだが違うという。女子曰く「今の若い人たちは忙しいから同じ時間で両方とも楽しみたいんです」とおっしゃるのだ。

拙僧がチーフプログラマやりながら縫うような時間でツーリングやレースをしていた20代の頃に比べて今の若い方々が忙しいかねエ、とは勿論言わなかった。なるほど、それほど忙しければネットオークションでじわじわと値を上げるよりはメルカリであっさり買う方が手間がないわけだ。値引き交渉はあるけれども、終了時間を分単位で眺め続けるほど時間は拘束されないしな。

本ブログとはまるで関係ないが、一見、三丁目カメラに見える本カメラは実力者である。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

2019年4月13日 (土)

名古屋第2回クラシック&中古カメラ掘り出し市戦争第二次会戦

Dsc_0001名古屋の中古カメラ市のレギュレーションが変わったのは拙僧のような非力な貧乏師団にとっては些か都合が悪いものだった。拙僧のような打撃力は限定的だが機動力のある師団は主だった諸勢力が休暇を取り辛い平日の初日に並び、開門後ダッシュでジャンク籠に向かう有力な戦術があった。しかし、ジャンク市は土日に限定されてしまったのだ。これは正確には土曜日の早朝に並ぶしか選択肢はないということだ。確かに拙僧は戦時士官とて師団を動かすことができるのだが、土日は別だ。なにしろ師団長兼妻が駐屯地にいる。拙僧のような佐官が師団を自由に動かすことはできないのだ。なので、拙僧は今回の戦争は全く諦めていた。日曜日には時間が作れそうな感じだったのだが、恐らく土曜日のジャンク会戦が始まったら1時間以内に戦争は決まってしまうだろう。日曜日に行っても焼け野原だ。それに、レモン社名古屋店で十分な戦果を上げている。なので、中古カメラ市のジャンク会戦に不参加でいる理由は成立した。

Dscn0264それで納得するような利口な人間では拙僧がないことはご存知の通りである。日曜日に名古屋に出かける理由はポートレイト撮影会があったのだ。それはそれで立派な動機であり、戦争の決した中古カメラ市に行く意義は全くなかったのだが、なんとか1.5時間ほどの作戦時間を確保し戦場に向かったのだ。

果たしてそこは、やっぱり焼け野原だったのだ。使いもになりそうなニコマートやアグファジレッテもあったのだが、拙僧の師団では余剰のモノだ。それに2000円や4000円もする。レモン社名古屋店で使い物になるキヤノンデータマチックを100円で拾った拙僧の師団の敵ではない。それでもレンズキャップx5を確保してレモン社名古屋店へ転戦した。以下はレモン社名古屋店での戦果である。


ヤシカエレクトロ35GS ・・・ 100円
ヤシカエレクトロ35FC ・・・ 500円
キヤノン キヤノデートE ・・・ 300円
キヤノン キヤノンデート用ケース ・・・ 100円
フジフィルム ネクシア220ix-z ・・・ 100

 

Dscn0266前回のボルタ判仕様のパーレットもそうだったのだが、今回のキヤノデートEも電池室がLR44仕様に工夫してあった。恐らく前オーナーが勇士の方で運用に粘ったのだろう。そういう物件を引き取るのは悪く無い感じだ。セミパールは消えていたがパーレットは残っていた。よっぽど拿捕したかったのだが、なにせ師団は大出血しておりかなわなかった。

Dscn4627今回の戦争が勝ち戦かどうかは微妙だ。既に動作チェックとテスト撮影が済んでいるのだが、確実に動作を確認できたのはキヤノデートEだけだった。ヤシカエレクトロ35GSはちょっと電池腐食の対策が必要そうだし、ヤシカエレクトロ35FCはAEは問題なさそうだが稀にシャッターが切れない時がある。 ネクシアはちゃんと動いてそうだが、今となってはAPS判カメラがちゃんと動いていても戦況には無意味だ。

それにしても、中古カメラ市とは関係ないのだが、久しぶりに発掘したブツが不調で困っている。ペンタックスKMやミノルタSR505のシャッターは粘り、コニカアイボーグやリコーミライはモノクロパネルはバッテリーフルを表示するもののピクリと撮影できない。

コーワSETもシャッターの粘りが酷いのだが春を待っているのだろうか。さっさとジャンクとして処分を早める必要があるか。

 

Img427  それで実際にアクロスを通してやっつけ仕事で現像した。結論からいうと満足に動くのはキヤノデートEくらいだった。ちょっとネガが薄いのだが現像の押しが足りなかったのだろうか。

 ネクシアでも撮影したのだが。これも大丈夫そう・

 Img712 ヤシカエレクトロ35FCは相変わらず素晴らしい写りなのだが、しばしばシャッターが開かないジャンクだった。

 ヤシカエレクトロ35FCが動けば今回の戦争は勝利と言えるのだが。残念ながら痛み分けといった感じだろうか。

| | コメント (2)

2019年3月16日 (土)

キヤノン キヤノネット(初代)

Dscn7523拙僧のコンテンツは資料性の高さを目指したものではない。なので「テンで間違っているよ」ということは多々ある。それでも、日本では少ないソースを海外に求めて、そのカメラの歴史的なポジションやクラス的なポジションを重要にして書いているつもりだ。

そういうコンテンツを書いていると、どうしても登場するマイルストーンのようなカメラと言うのが多々存在する。例えば一眼レフカメラを語るとなればニコンFを避けることはできずハーフ判を語るとなれオリンパスペンを抜きにしては語れない。そういう意味で言うとライカM3なども代表格なのだが、コンテンツを書くために買うというのはないな。

Img218そういう意味で言うとキヤノネット(初代)というのもカメラ史の中では重要なポジションである。なにせ、本カメラの登場で辛うじて頑張っていた中小メーカーが軒並み消滅してしまったからな。

そういうマイルストーンになるようなカメラは、その前後のコンテンツとリンク付けするようなもので、さっさと取り上げた方が説明も楽だしSEO対策としても都合がイイだろう。しかし、拙僧はあまのじゃくなので、そういうカメラを持っているのに優先して使うのは大胆に合理化したチノンの3枚玉だったりするのだ。

本カメラも持っているだけで使っていないと思っていた、ちゃんと使っていた。なので急いでコンテンツを作らせていただいた。

どうか、御笑覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

BelOMO VILIA”ベルモ ビリア”

Dscn8585過日になるのだが「ボヘミアン・ラプソディ」を観たのだ。率直に言って感動してしまったな。拙僧はQEENの世代よりは1ターンか2ターン若い世代なのだが、なんだか同じ時代に生きたような錯覚に落ちいてしまった。拙僧の妻など、文革後の黒竜江省辺境の生まれなのだが明らかに影響を受け、全体主義国家にありがちな権威主義がいくぶんか和らいだ感じがある。大学時代にバリバリのK産党員だった妻が、フレディ=マーキュリーさんに自己投影するくらいなのだから、音楽は世界も変えないし戦争も消滅させないが、一個人の生き方の価値観を微調整する力くらいはありそうだ。Img912
錯覚の「三丁目」に浸るならソビエト社会主義共和国連邦(C.C.C.P.:サユーズ・サビエツキフ・サスチャリスチーチェキフ・リスプーブリク)はうってつけだ。勿論、当時のソビエトに実際に生まれるなんてのは見も毛もよだつ。しかし、鉄のカーテンのこちら側で勝手に理想郷を描くのも自由主義者の自由だ。今となってはインターネットがやかましいが、「モスクワ放送」と「神田の新世界レコード」と「今日のソ連邦」しかキラーコンテンツが無かった頃を偲ぶのが錯覚の「三丁目」の楽しみ方だ。

今から考えればソビエト議会式社会主義というのは「みんな貧乏だから平等じゃないか」という思想だった気がする。そういう、貧乏というか質素な良さが本カメラには有るな。トリプレットと堂々と表記した三枚玉はアーガスC3のような「食物添加物に頭をやられた資本主義の悪魔」を開放するに十分な打撃力である。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

アーガス マッチマチックC3

Dscn4377アメリカ(アメリカ合衆国)という国は「みんなで話し合って決める」というのが苦手だ。というか自分都合で考えるのが当然だと思っているので他の国々の都合など考えないのだろう。例えばTPPにしろNATOにしろ、自分たちが中心でないとそっぽを向いてしまうか自分たちの主張を押し付ける。イラクもアフガニスタンも、それでえらい目に遭った。その押し付ける主張もアメリカ都合で具合のいいモノではない。

本カメラもそんな自己都合を押し付けるようなカメラだ。

Img893押し付けるわりには根は不器用だから困ったものだ。本カメラは露出設定を特殊な露出Noに買えてしまった。そなりにシャッター速度や絞り値は変化するのだが、特殊な露出Noがどんなスピードや絞りに相当するのかはさっぱり分からない。対応表を公開しているコンテンツが存在するので使えないこともないのだが、本カメラの純正付属品の露出計に依存したインターフェイスはいかにもアメリカ的な傲慢さである。

それでも、写りはなかなかイイ感じなのが憎めない所である。単純で不愛想なアーガスCシリーズの中では色気もある。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

ヤシカ エレクトロ35(初代)

Dscn8283先日「シュガーラッシュ オンライン」を観に行ってきたのだ。無論、40(代)男が一人でである。前作の「シュガーラッシュ」の英語のセリフがかなり面白いのだ。ちょっとディズニーアニメとは思えない汚いスラングをメインキャストが吐いたりする。ヒロインの「べネロペさん」が日本語吹き替えだと「ちょっとお転婆な女の子」なのに対し、英語のセリフを拾うと「かなり品の無いオンナノコ」なのが興味深い。もっとも、拙僧の最寄りの映画館では吹き替えでしか上映がなく、英語のセリフで何を言っているのかはわからなかった。しかし、ちょっとディズニーアニメを斜に構えたシーンもあり、DVDで英語のセリフを聴くのが楽しみだ。

Img676映画の話となると「ネタバレ」が注意されれるのだが、拙僧のブログの読者様や「ヤシカエレクトロ35」の検索でヒットなさった方は「シュガーラッシュ」のネタバレに神経質ではないだろう。少なくても拙僧が指摘するのは本編の主線ではない。

実は、拙僧は「シュガーラッシュ オンライン(原題:Ralph Breaks the Internet)」を割と無邪気に楽しみにしていたのだが、観終わった時には切なくなってしまったのだ。前作の「シュガーラッシュ」は閉店後のアーケード(ゲームセンター)でゲームのキャラクターがセントラルを通じてゲーム間を自由に移動できる世界だった。そのセントラルは明るく活気に満ちていた。しかし、冒頭から「妙だな」という違和感を感じたのはアーケードも薄暗ければセントラルもどことなく寂しいのだ。登場するキャラクターも「ストリートファイター」のケンさんや春麗さんなど馴染のあるキャラクターなのだがとても少ない。前作では4つの筐体が並んでいた「(ゲームの)シュガーラッシュ」も筐体は1つだけである。客はインド系移民の少女と弟(?)だけだ。そんなセントラルに新しいゲートウェイとして「Wifi」が現れる。要するにアーケードにインターネットが繋がったのだ。話の本筋は省略するとして大雑把に紹介すると主人公のラルフとべネロペはインターネットの世界で冒険し、ラルフはアーケードに残ることを決断し、べネロペはインターネットの住人となる。ラルフとべネロペとのつながりは通信として継続するのだが、どこか破たんを感じさせるのだ。それが決定的なのは最後のシーンでアーケードは開店するのだが、訪れるのは古ぼけたセダン1台なのだ。前作ではアーケードの開店に合わせて子供たちがバイク(自転車)で集まっていたが、その活気は皆無だ。つまり、ネットゲームの世の中にあってアーケードは消滅する運命なのである。ラルフ達と共にだ。

Img686そんな感じで「感動して大泣き」する予定が、ラルフ達の「消滅」を突きつけられて切なくなってしまったな。「ゲーム」と「アーケード」の関係については、かつては「ゲーム」はしたくても「アーケード(ゲームセンター)」は不良のたまり場でカオスでリスキーだったという話もしたかったのだが、話が長くなるので別の機会にさせていただきたい。

「消滅」を突きつけられているのはラルフ達だけではない。「フィルム写真」だっていずれは「消滅」を迎えるだろう。マテリアルとしてのフィルム・感材とサービスは辛うじて残るかもしれないが、8mmシネのスーパー8のようにコスト的に無理になれば同じことだ。現在、若い方々にも細々とフィルム写真のカルチャームーブメントは存在するが、拙僧にとってはアクロスの消滅は大打撃でモチベーションを回復できていない。久しく離れていたポートレイト撮影をぼちぼち再開するつもりなのだが、積極的にフィルムカメラを動員するかといえば限定的だろう。マイクロフォーサーズマウントのシグマ60mmF2.8なども確保したのだが、デジ画像に夢中になれるかは未知数だ。というか、正直あまり積極的になれないな。

悲観的な話をしても致し方無い。手持ちには買い貯めたアクロスもあるしキタムラもコダックのモノクロフィルムを全面的に扱うようになった。SPDもD-76も今のところは流通している。あれこれ悩むよりはアホなふりをしても楽しむのが吉だろう。

本カメラのコンテンツは既に作ったのだが、リペアを報告したもので撮影結果がまだだった。今回、撮影結果のページを作ったのでご覧いただきたい。写真は本当に散歩の記録で面白くもないのだが、ご了承頂きたい。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

コダック レチナⅠa(エクター)

Dscn3087先日、電撃的に帰京したのだが、驚いたのは「ローラさん」の健全ぶりだ。例の事件でとばっちりを受けた「ローラさん」はTV番組の露出は皆無になった。しかし、三河でも時折CMなどで見かけることはできたから、ご活動は知っていた。しかし、東京のJRやメトロの広告で露出する「ローラさん」は活動どころか大活躍である。たしかに、ポスターに近づいて写真を拝見ですると、流石に御歳の経過が否めないのだが、「ローラさん」のブランド力は健全だとしか思えない。

余談だが今回の帰京で残念だったのは「バニラ、バニラ、バニラ、バニラ、バニラ、バニラ、高収入」のトラックを見ることができなかったことだ。

Img608「ローラさん」のブランド力が健全なように「エクター」の名も健全のようだ。拙僧のエクターを搭載したレチナIaのコンディションは決して良いものではなかった。なんだか乱暴に「シャア専用」に施してあるしな。その旨は口上書きに書いたのだが、なかなか良い値段で旅立って行った。引き取り先は勿論、大陸の業者だが、金払いがいいので歓迎である。

シャッターが遅いらしく、撮影結果もイマイチしっくりこないのだが、コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧