2019年9月14日 (土)

ヤシカ フラッシャー

Dscn7740久しぶりに漁場であるカメラのキタムラ某店に足を延ばしたのだが、ジャンク籠が消滅していた。これで定期偵察内のキタムラのジャンク籠を全て失ったことになる。今となってはリサイクルショップでもジャンクコーナーにフィルムコンパクトカメラを発見することは少なく、転がっていても異様に高い。一時期、フィルムカメラのムーブメントで廉価カメラにイイ値段がついたのだが高騰したまま高止まりしているのだろうか。拙僧もいい思いをしたのだが、本カメラのようなプラカメが2980円では、とても手に取ることができないな。

Image36勿論、拙僧の師団にカメラ・レンズのストックは供給が途絶えても2年はブログを書けるほどヤードに転がっているのだが、供給先が無いというのはモチベーションを下げる。こういうブツは送料を払ってネットオークションで飼うほどのモノではないしな。

名古屋の中古カメラ市も不鮮明な情報しか入らず、寂しい限りだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年9月 7日 (土)

フランカ250L

Dscn4510    先日、妻とエルトン=ジョンさんをテーマにした映画「ロケットマン」を見に行った。内容や評価は控えるが一言で言うと「普通の映画にしてくれればよかったのに」である。加えればR12指定なんだが13歳のお子さんと一緒に見るのは如何なものかな、というのが率直な感想だ。帰り際、一番後ろの一番端の席に若い2名の男性が座っていたのだが、あの映画を見た後では「あちらの組合員の方?」と思ってしまったのも無理はないだろう。

Img338それでエルトン=ジョンさんの動画をググってみたのだが「マペットショー」で歌ってらっしゃる動画が見つかった。「マペットショー」といえば我が国では「ポンキッキ―」である。がちゃぴんさんとムックさんのあれだ。その採用曲がなかなかロックでテクノでパンクだったりするのだが、拙僧が思い出したのは「エレクトリックばあちゃん」だな。しかし、調べてみると「ポンキッキー」で流れていたのは「ハッスルばあちゃん」らしい。これもインパクトのあるパンクな曲で鮮明に覚えている。テクノといえば「コンピューターばあちゃん」で、これは坂本龍一がプロデュースした曲で立派なテクノだ。どのコンテンツから幼少の拙僧が聴いたのかはイマイチおぼえていないのだが、「ポンキッキ―」かNHKの「みんなのうた」のいずれかであろう。今回初めて知ったのだが「エレクトリックばあちゃん」を歌ったのは末期の「ザ・スパイダース」だ。「みんなのうた」の選曲もロックなのだが、この辺はいずれ再び触れたい。

それで、本カメラなのだがカメラが電子化して日本製の安くて高性能で壊れないカメラにドイツ製普及機~中級機が太刀打ちできなくなりはじめた頃のカメラである。いや、ローライだってライカだって傾くから高級機も含めてだな。拙僧が幼少期にも「ばあちゃん」に「エレクトリック」や「コンピューター」を冠するくらいだから70~80年代の我が国のエレクトリックデバイスの覇権を知ることができるな。

それも諸行無常で今は苦しいポジションになっているようなのだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年8月10日 (土)

キヤノン A35デートルクス(ナイター)

Dscn9552ナムコの黄金時代の名作は「ディグダグ(DIGDUG)」や 「ゼビウス」など多々ある。しかし、埼玉の辺境であるイルクーツクには正規品は届かず「ジグザグ(ZIGZAG)」や「ザビオス」だった。当時はゲームセンターなどという不良のたまり場とされていた(イルクーツクでは)から、怪しいTVゲームに著作権の余地などなかったのだろう。

それにしても不思議なのはオープニング画面は、意匠は似ているものの「ジグザグ」にしろ「ザビオス(あるいはバトルス)」のモノだった。今のようにOSやマザーボードシステムが共通化している時代では無い。ひょっとしたらROM基盤からインターサーキットエミュレータで機械コードをデコードして再プログラムしたのだろうか。そういった「まがいもの」の中にはオリジナルには存在しないアイテムやオプションが追加されていたものもあった。そこそこ大変な仕事のような気がするな。そういう「まがいもの」でも届けば嬉しかった80年代のイルクーツクである。

Image41世界初のスピードライト(フラッシュ)搭載カメラの「ピッカリコニカ」や世界初のAF搭載カメラの「ジャスピンカメラ」が登場した時にも、かなり模倣に近いカメラが一流光学機器メーカから登場した。しかし、キヤノンは冷静だったようである。

ひょっとしたらハウネルに金を払うのが嫌だったのかもしれないが、「ジャスピンコニカ」と時期を同じく距離計連動機とスピードライトを組み合わせた本カメラがキヤノンから登場した。当時のAFユニットはフォーカスエリアも4点くらいのおおらかなものだったし、距離計がちゃんと使える方なら、本カメラの方が正確なフォーカシングが可能だった。

カラーの発色もモノクロの艶やかさも素晴らしいレンズを搭載する。

コンテンツもご覧いただきたいご覧いただきたい。

 

| | コメント (7)

2019年7月27日 (土)

タムロン SP AF90mmF2.5(旧、Fマウント)

  Dscn5665もっぱら関東圏のAMラジオしか聞かない拙僧なのだが、東京だか川崎だかでアルフォンス・ミュシャ展をやっていたらしい。いや、現段階でもやっているのかな。そのCMのBGMが一時期「GLIMSPANKY」だった。何故?ミュシャのモチーフである「力強い女性像」がダミーロックと重なったのだろうか。もっとも、その後に平凡で重厚なクラシックにBGMが変わっている。

Img275 タムロンの90mmポートレイトマクロといえば、それほど掘り下げた感じでないカメラ・レンズ好きも知った存在だ。概ね好評だろう。ところが、本レンズは意外と安く売っている。何故かというといわゆるAF-DのFマウントレンズでシャフト式カップリングのボディでしか使え無いからだ。勿論、ほとんどのニコンのフィルム一眼レフカメラでは制約無く使用がかのうだがデジタル一眼レフカメだと困ったことになる。

そういう事情で、拙僧もジャンク籠で2000円で拾ったレンズだが、そのスッカラカンな樹脂製外装に反して、トライXをつめてガンを構えた「力強い女性像」を描写するには十分なクオリティだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年7月13日 (土)

ツアイスイコン コンティナLK

Dscn7934 「 門前清自摸和(メンゼンツモ)のみ」で最初からあがろうとは思わないだろう。麻雀に詳しく無い方に説明すると、役を作ろうとしていつの間にか役として揃っていてあがるということだ。勿論、役としては最も低いモノで点数の低さや点数そのものから「ゴミ」などといわれてしまう。これから高い役を狙っている方からすると「コノヤロー逃げやがって」という役だ。

Img967本カメラは当然「ゴミ」ではない。しかし、メンゼンウツモのようにいつの間にか転がっていたカメラである。正確には恐らくコンテッサLKEだと思って拾ったかネットオークションでビットを入れたのだろう。それが、コンテッサLKEではないと気づいたのは割と最近だ。

本カメラは簡単にいうとコンテッサLKEの廉価板で3枚玉のパンター45mmF2.8を搭載している。それはそれで3枚玉好きには好ましいモノだが、拙僧はどうもパンターとかレオマ―ルとかトリオプランとかドイツ製中級機の3枚玉は外れをつかんでしまうことが少なくない。

本カメラのスナップ撮影がことごとくフォーカスを外しているのは45mmの目測の難しさというよりはレンズのコンディションがイマイチなのではと思うな。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

 

| | コメント (2)

2019年7月 6日 (土)

旭光学 ペンタックスES

Dscn2296拙僧の妻が会社の何周年かのイベントを企画しているのだが、コムロファミリーの某Tというユニットを呼ぶそうだ。かなりの予算をぶち込んで箱も用意したのだが今更、某Tと思われるかもしれない。しかし、コムロファミリーが輝いていた90年代というのは会社を形成する 上級社員や下級管理職にとって青春時代を共にしたサウンドである。拙僧だって聴いていた。スキーやマリンスポーツではなくてエンデューロへ向かうハイエースの中だが。上からは叩かれ、下からはつき上げられる一番ストレスフルなポジションの方々にフィットし予算的に都合がイイのが某Tなのだろう。

まだパソコン通信の時代、ニフティサーブのクラシックカーフォーラムで定義していた「クラシックカー」というのは生産終了後の10年が経過することだった。20代前半の拙僧からすれば10年も前にカタログ落ちした自動車はクラシックというのは大げさにしろセミクラシックくらいの認識はあった。ところが21世紀も20年に至ろうとする現在、拙僧の四輪は97年式のユーノスロードスターNA8だし、単車は90年式のR1-Zだ。29年落ちの2st車というのは自分で言っていて笑ってしまう。工業製品でいえば90年代のシロモノはクラシックなのかもしれないな。コムロファミリーや某Tをクラシックと冠するのは失礼だし妥当ではないと思えるが。

そういう意味では拙僧とほぼ同世代の本カメラはクラシックカメラといえるだろうか。人間の方もだいぶクラシックな感じだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (7)

2019年6月 1日 (土)

リコー ”35” デラックス L

Dscn8495  サブカルチャー専門誌というとチャラいモノやゲスなモノやらいろいろとあるのだが、拙僧が好んでいたのがIT系サブカル誌の「ワイアード(WIRED)」とデザイン系サブカル誌の「スタジオボイス」だ。共通するのは「東京の風を感じるハイソリティなオシャレ感」だ。イルクーツクに生まれた拙僧の素性のコンプレックスをしばし忘れるには十分だった。上京後も「ワイアード」は一応IT系なので勤務中に暇な時に読んでいても御咎めはなかったし、どこの小さなデザイン事務所にも手あかのついていない「スタジオボイス」が置いてあった。しかし、紙媒体としての「ワイアード」は休刊になってしまった。「スタジオボイス」は今でもあるのかもしれないけど「新世紀エヴァンゲリオン」の特集を読んで大人がアニメを見ても良いものだと勘違いし、女子と見に行って凄惨な目に遭ってからは手に取っていない。拙僧が完全にアニメと決別をするのに十分だった。バカヤロー庵野、金返せ。もっとも、現在では拙僧もいい歳になったので逆に緩やかな距離を保ちながらアニメを見ることができなくもない。

Img937本カメラのスタイリングのスマートさは勿論「スタジオボイス」に十分だが、結構「ワイアード」の視点からしても注目点なのではないだろうか。「ワイアード」はIT系ではあったけどガチガチのエンジニア系専門誌ではなく、IT系に軸足を置いたガジェット好きを購買層としていた。なのでGPS付きのスズキのオフロードオートバイ「ジェベル250XL」を取り上げたり、パイを投げつけられたビル=ゲイツさんの写真が1ページを飾っていたりした。

いい感じに攻めていた「ワイアード」が、お洒落でレバー巻き上げの本カメラが掲載してあっても不思議ではない。

本カメラもシリーズとして展開していて興味深いのだが詳細はコンテンツをご覧いただきたい。 

| | コメント (8)

2019年5月25日 (土)

ニコン TWズーム(ピカイチズーム)

Dscn5322 「コールドストーン」というアイスクリーム屋がある。ざっくりいうと「オーダーを受けると歌を歌いながらアイスクリームを捏ねる」のをユニークなサービスとしている。勿論、シャイな日本向けにサービスをキャンセルすることは可能だ。「歌」を付加サービスにすることは我が国では珍しいことではなく、草津の温泉では「歌」を歌い終わるといい塩梅で湯を揉み終える。


Img299
工業製品メーカーが市場に向けてマウントをとるために付加サービスをあれやこれやと組み込むことは珍しいことではない。どうも我が国ではその傾向が強いようで国内向けにはゴージャスな機能を満載し、海外向けには簡素にして廉価にするケースは少なくない。こういうのはソビエトが衛星国向けにグレードが低い戦車や軍用機を供給したのとはちょっと異なる。もっとも、衛星国やアメリカ製やヨーロッパ製のブツが買えない途上国では入手がし易く手のかからない廉価モデルの方が都合がイイという事情があった。中東の砂漠地帯で核戦争の可能性がなければミグ21だって、必ずしも全天候型が必須ではないだろうしな。ただ、我々フィルムカメラの落穂ひろいにとっては、概ねメーカーサイドのサービスというのは「大きなお世話」であることは往々にしてある。
ニコンというメーカーはサービスが少ない、あるいは無い方が評価が高いメーカーなのではないかな。もっとも、本カメラは付加サービスはともかく、カメラのベースとしてのパフォーマンスは満足だ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2019年5月17日 (金)

アグファマチック4000ポケットセンサー その2

Img847 実は先週末からイルクーツクに帰省していた。東京に帰ることはちょいちょいあったのだがイルクーツクまで足を延ばすのは3年ぶりくらいになるな。割とイルクーツク時代は黒歴史で無かったことにしているのだが、どうも頻繁に振り込め詐欺の電話が実家にかかっているようなのでリアル拙僧を久しぶりに見てもらった方がいいかなとも思ったのだ。拙僧に精神疾患を与えるほどイジメてくれたDV男は死んだしな。

ところが東京で2泊し美術館鑑賞とスナップ撮影を楽しみ、旧友と親交を深めたまではよかったのだが、ちょっと行程に無理があったのか高熱が出て実質3日間寝込んでしまったのだ。本来は西武イルクーツク線を活用して東京の美術館巡りをするつもりだったのだが、全てパーだ。

それでも、回復後の1.5日で巡りたかったほぼほぼの美術館とガンショップ、中古カメラ屋に寄れたのは幸いだった。

しかし、工程が大幅に遅れてしまったのでコンテンツを書く余力が無くなってしまった。なので、発掘したロモグラフィーのモノクロネガを現像したら写っていた蘇州をアグファマチック4000ポケットセンサーコンテンツに加えたのでご覧いただきたい。

大した写真ではないのだが、暖かい目で見ていただければ幸いだ。

| | コメント (3)

2019年5月11日 (土)

ペンタックス エフィーナ(初代)

Dscn2673令和になって最初のブログである。連休中は師団長兼妻が師団在住だったので思うように部隊を動かすことができなかった。もっぱら西暦を採用している拙僧だが、令和への遷移というのはそれなりに興味深いものだったな。

さかのぼって考えるに昭和の終わりというのは手塚治虫さんの御逝去とソビエトの崩壊だった気がする。平成の終わりはモンキーパンチさんの御逝去となるのだろうが、世界情勢の大きな変化となると共産中国の台頭だろうか。平成の時代を意味する世界情勢や社会風俗の変化を考えるのには、もう少し時間が必要のようだ。

09090031平成の時代に勝手に表れて勝手に消えていったフィルムフォーマットといえばAPS判になるだろうか。実際には「APS」というのは供給からカメラによる撮影、現像、プリントの全ての工程を表す新システムの総称なのだが拙僧のブログやコンテンツではあくまでもフィルムフォーマットとする。APS判はフィルムメーカーやカメラメーカーの長年の課題だった「フィルム装填時のミス」を解決するアイデアだったのだが、一方でインデックスプリントを失くすと何が写っているの変わらない使い勝手の悪い代物だった。モノクロ派の方々は自家現像できないし、ポジ派の方はマウントに乗らなかった。ポジのAPS判フィルムも有ったが、フォーマットは小さいし積極的に使いたいと思った方々は少数だろう。

現在でもフジフィルムの現像機はAPS判フィルムの現像にも対応している。しかし、西欧終了からかなり経過しているので残っているAPS判フィルムが健全である可能性は低い。比較的、良好なコンディションの物件も稀に見るが劣化は避けられない。拙僧が本カメラで撮影した結果も残念であった。久しぶりに戦闘的なスナップシューティングだったのだが。

拙僧のコンテンツは「カメラのディテール画像+与太話」で構成しているのだが、今回は不明瞭な小さい画像しか用意できなかった。つまり大粛清で外観画像を撮るのを忘れてジャンクセットで処分してしまったのだ。今更、APS判コンパクトカメラが入っていて嬉しいとは思わないだろう、数合わせになる。

令和早々、寂しい話だがコンテンツもご覧いただきたい。

   

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧