2017年4月22日 (土)

2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争:戦果報告

Dscn7387最近、我が国の1930年代に再注目しており、「美濃部達吉の天皇機関説」や「ノモンハン事件(ハルハ河の戦い)」を引っ張り出して、面白そうなコンテンツを書こうと思っていたのですが、諸般の事情で余力なく、先の大戦の戦果報告も簡単にさせて頂きます。

ちなみに、この画像には「ニコン AF-Sニッコール 18~200mmF3.5~5.6G VR(動作チェックOK)」が写っていません。既に実戦配備したので。

Dscn73292017年春季「名古屋 中古カメラ・用品大バーゲン」戦果 :

・ニコン AF-Sニッコール 18~200mmF3.5~5.6G VR(500円、動作チェックOK)
・ニコン オートニッコール テレフォト-ズーム 8.5~25cmF4~4.5(1200円)
・ニコン Aiズームニッコール 35~135mmF3.5~4.5 (200円)
・コンタックス バリオゾナー 80~200mmF4(3000円、埃多し、ヤシコンマウント)
・オリンパス ズイコー オートズーム 35~70mmF3.6 (100円)
・シグマ 50mmF2.8マクロ(100円、ヤシコンマウント)
・シグマ 18~35mmF4.5(300円、αマウント、元箱付き)
・マミヤ セコールズーム 55~110mmF4.5(1000円、マミヤM645用)
・フジ写真光学 フジノン.W 150mmF6.3(1000円、木製ボード、セイコーシャッターNo.1付き、動作チェックOK)
・コニカ アイボーグ(500円、動作チェックOK)
・コダック レチナIa(300円、貼り革剥がれ、動作チェックOK)
・ミノックス 35EL(1000円、未チェック)
・ペンタックス エフィーナ(500円、未チェック)

・マミヤRB用TTLファインダー(1000円、未チェック)

・フジフィルム 記録用カラーフィルムISO400/36枚撮りx2(100円、2006年期限キレ)
・フジフィルム 400スーパー24枚撮りx1(100円、有効期限不明)
・フジフィルム ネクシア400/25枚撮り3本パックx1(100円)
・レンズキャップ&ボディキャップx20 (100円)
・ストラップx1 (100円)

・ニコン 肩がけ・背負い(リュックサック型)両用大型カメラバック (1800円)

・カメラ毎日1980年2月号 (200円)

Dscn7439_2まだ、ごく一部しか整理していません。どこから手をつけていのやら。多分、ミノックス35ELはダメでしょうねえ。

しかし、あれだけの大混乱と凄惨な戦場を進撃した割には、意外と出血は抑えられた気がします。合計、15200円の出血は敵に与えた打撃に比べれば健闘と言えるのではないでしょうか。

このところの名古屋の戦争は戦火の縮小になる一方でした。しかし、本当にフィルム写真の再興の動きはあるようで、セラーもバイヤーも熱い戦いでしたね。開戦1時間後の11:00には、既に戦場の全てのジャンクコーナーにめぼしいものは残っていませんでした。嬉しいことにniconico殿と合流し、吉野家で「うな牛丼」という満足な補給を受け、お互いの戦果報告をした後に、niconico殿とは矢場町で分かれました。しかし、拙僧が我ながら馬鹿じゃないかと思うのは、上記の装備で、まずはレモン社名古屋店とキタムラ中古買い取りセンター名古屋店を眺めた後、スナップ写真を撮りながら大須のコメ兵に向かい、コメ兵が休みだったので、栄に戻って午後から戦場に再突入したんですよね。新宿から大久保まで歩いて新大久保経由で新宿に戻ってきたようなものだと思って下され。

Dscn7555しかし、午後に至っては既に戦場はペンペン草も残っていない程、荒廃していました。なので、1個100円のボディキャップやレンズキャップを買いあさったんですよね。最近の大粛清で気づいたのは、レンズキャップやボディキャップをしていないとレンズやミラーに埃が堆積して厄介なんですよね。今更、気づくかよって感じですが。

前回の報告では「ニコン オートニッコール テレフォト-ズーム 8.5~25cmF4~4.5」で近距離からの直接標準で大口径カノン砲を直撃した話をさせて頂きましたが、同じ戦場で重榴弾砲の脅威に曝されました。

Dscn7559それは既に撃破したブツをレジでカウントしてもらっている時にジャンク籠に戻って発見した「コンタックス バリオゾナー 80~200mmF4」ですな。3000円?うわっ、高けえ!と一瞬思ったのですが、冷静に考えれば、そんな値段で転がっているブツではありませんな。拙僧も着弾の爆裂音と硝煙で正常な判断に支障が発生していました。

見ればブツは外観・レンズとも綺麗で、ズーミング・フォーカシング・絞りの動作も正常なようだったのですが、後群に堆積した埃かごく薄いクモリのような物が発見できました。しかし、この程度のクモリならプラナー50mmF1.4なら3万円以上で普通に転がっています。一瞬の躊躇が戦場での生死を左右します。速攻ゲットです。休息は戦後に持ち越し。まずはロクにチェックなんてしないですから、レジのカウントの最中に、カウンター台の上のブツを、可能な限りの動作チェックします。時間との闘いで我が師団の荒廃は決するのであります。

他に木製レンズボードの「フジノン.W 150mmF6.3」とか、話を広げればきりがないのですが、何せまだ2割も満足にチェックしていないので、今回の報告はここまでで、ご了承頂きたい。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

フジフィルム エピオン10

Dscn6689フィルムが入った籠をガサゴソひっくり返していたら、使いきったと思っていたAPSフィルムが、今更、出てきた。ありゃりゃ、もうプロネアSEOS-IXEも捨てちまったよ。こういう時は捨てる前にフィルムが残っているか確認しないといけないよな。

それで、ジャンク籠を漁るのだが最早APS判のカメラなんて大したものは無いのだ。IXY220とかIXY320なんてのはあるが、今更、IXYじゃ面白くない。なので、APSフィルムの登場時、最も簡素だった本カメラを選んだ。

Image13そもそも、APSフィルムってのは、割とユーザーをなめた規格であった。フィルム面に磁気記録で情報を記録とか、結局はラボの都合だしな。あの記録情報をパーフェクトに活用したカメラは少ないのではないだろうか。とにかく、ネガがカートリッジに入っていて見れないってどうよ。インデックスプリントなんて速攻で忘れるわ。裏技で引き出すこともできたが、まるでユーザー目線ではない。あの、風通しの悪そうなカートリッジの中で巻きっぱなしのネガって保存状態が悪そうだが、やっぱりカビも生えるそうだ。

ちなみに、拙僧が「カメラのムラサキ」でバイトをしていた時にはフロンティア(多分)もAPSフィルムはアダプターを噛ましていた。既にデジカメの勝利が確定していた頃なので、APSフィルムに対する配慮に無関心だったのか、最初から関心が無かったのかは分からない。

本カメラはシャッター速度は単速の1/100で絞りはF8の固定である。既にISO400フィルムが常識的な時代だったが、APSフィルムのカラーネガは記憶が確かならISO200から始まっていたはずである。もしかしたら、ポジフィルムはISO100だったかもしれない。拙僧はついにAPS判のポジフィルムを見る機会が無かったなあ。

今から思い返すに、とにかくユーザーの都合を軽視した規格だった。なので、最後を飾るのはスッカラカンのカメラの方が都合がいいと考えたな。ちなみに、購入価格は300円。現像は1100円以上したよ。ええい、最後まで面倒を!

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

チノン 35FX-III

Dscn6524「オールドネイビー」が撤退したらしい。これは「H&M」や「ユニクロ」のようなマスト系ファッションのセレクトショップで、トレードマークは「P-51マスタング」である。「オールドネイビー」なら「F8Fベアキャットだろ」という突っ込みは今回は掘り下げないことにしたい。ともかく、北米資本なのだろう。

拙僧がバンクーバー時代にも、そこここに「オールドネイビー」があった。しかし、いくら赤貧の拙僧夫婦も「オールドネイビー」の服は買わなかったな。あれを買うなら中国系移民のバザールでB級輸入品を買った方が遥かに出来はイイし安かった。だから、名古屋に「オールドネイビー」ができた時には、あんなものを喜んで買うなんてどうもね、と思っていたのだが、流石に上手く展開できなかったようだ。

Image71ちょくちょく「本場ニューヨークで発祥したカラーベーグルが日本に」なんていうニュースを聞くのだが寒い毛がするな。拙僧の義理姉が味音痴でショッキングピンクでべっとりとしたシュガーを塗りまくったドーナッツをたまに持ってきたりしたのだが、絶対に手をつけずに追い返した後に捨てた。白人ブランドの菓子なんて喜んで並んで買う気分が全く分からない。拙僧の好んで買ったのはキャンベルのスープくらい。

もっとも、最初はあれだけ嫌っていたスターバックスのようなシアトル系コーヒーも最近は積極的に呑むから、拙僧も資本主義の悪魔に毒されたな。

そういうリキテックスの見本みたいなシュガーを塗りたくったベーグルやらドーナッツやらと全く対照的なのがチノンだろう。言ってみればチノンは「うまい棒」や「よっちゃんイカ」なのだが、それぞれに深い味わいを楽しめる。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

オート WOCO 200mmF3.5(プラクチカマウント)

Dscn6127拙僧は国際結婚だが、妻は東アジア人だし、ほぼネイティブな日本語を話す。言わなければ「ちょっとどこかのなまりのある地方の方かな」と思われて外国人だとは気づかれないな。しかし、青春期までを竹のカーテンの向こうで過ごしたから、西側のブランドやムーブメントに疎いところがある。先日、リーガルで足のサイズや両足にかかる体重の圧力の差を測ったりしていたのだが、「リーガルというブランドは昔からあるんですか?」と聞いて、訓練を受けた店員の表情を一瞬停止させたな。それで、拙僧は「実は妻はxxx国生まれなんで、ブランドに疎いんですよ」とフォローしてしまうのだ。そこは訓練を受けた店員だから親切にリーガルブランドを説明してくれたのだが、そんなに昔でない時期に資本が完全に日本に移ったのは拙僧も知らなかった。

Image11それで、「オートWOCO200mmF3.5」である。200mmなんていう焦点距離は、今や最もジャンク籠で転がっていても興味の湧かない焦点距離ではないだろうか。ゴミみたいな値段で転がっているから、ミラーレス一眼のアダプターファンが買ってはみたものの、マイクロフォーサーズならライカ判換算で400mm相当になってしまって、しかもフォーカシングは凄く大変だから無限遠で近くの公園の背景の山などを写して、やせ我慢で蘊蓄を垂れるようなレンズだ。

それが聞いたこともないブランドだったら、まず手に取らないだろう。興味本位で手に取るかもしれないけど買おうとは思わず、気まぐれで買ったとしても真面目に撮影しようとは思わないのではないだろうか。

それを、肝心なポートレイト撮影で真面目に使ってみたのだ。無論、テスト撮影なんてしないっすよ。その気になればマウントアダプターを出してミラーレス一眼につけることもできるけど、面倒だし。

こういうのも拙僧の死に対する欲求、つまりタナトスなのかなと思うのだが、ちょくちょく抑えられ無くなるんだなあ。

この種のレンズを買おうとは思わないけど、撮影したらどんな感じか興味がある方はいらっしゃると思う。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

フジフィルム フジカDL100

1686839_img世の中では「女子アナ」というジャンルの民族がいらっしゃる。拙僧はラジオ派でTVはロクに見ないのだが、定期的に見ていている番組は幾つかある。とは言え、あまり熱度が高くないので、3カ月前に録った番組をまだ見ていないな。割と早々に見るのは「ワイドナショー」くらいだ。

それで「女子アナ」という民族には興味がほとんどないのだが「ワイドナショー」の秋元アナと「明石家さんまの平成向上委員会」の女子アナは、ちょっと見てしまう存在だ。「向上委員会」の女子アナは名前も覚えるつもりもないのだが、ちょっといい感じのクオリティである。

Image45フジカDL100は既に紹介したカメラだ。しかし、その時の個体はAFがロクに動作しない完全ジャンクだった。しかし、その後、満足なコンディションのブツを手に入れて撮影していた。すっかり忘れていて、現在、HPの引っ越しをしているのだが、それで気づいたのだ。

かなりの悪天候下での撮影と思われるのだが、中々の描写である。何時、撮影したのか全く覚えていないのだが、こういう発見もイイだろう。

数か月前に録画した「明石家さんまの平成向上委員会」の女子アナも、ちょっとした発見があるかもしれないしな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

昭和光学精機 セミレオタックス

Dscn6519去年の晩秋あたりから、過去にない規模で大粛清を行っている。基本的には1度でもフィルムを通していないカメラは処分の対象から外していたのだが、感材の価格も上がった現在、全てのカメラにフィルムを通すことは無理だと判断した。そんなことは前から分かっていたことなのだが、覚悟を決めたのである。

Imagea17_2それでも程度の悪い物から処分しているのだが、1度でもフィルムを通したカメラも処分の対象になっている。このレオタックスは実際のシャッターが遅いのが難点だが、レンズも綺麗でボディもしっかりしているので処分は惜しかった。実際、もう少し撮影結果が貯まってからコンテンツを作るつもりだったのだが、泣く泣くの処分だ。

撮影可能の戦前セミミノルタも惜しかったのだが、この辺で思い切って処分しないと、何時まで経っても不良債権が残るままだからな。

それに、このところフィルムカメラが若干注目されているので、処分には多分、最後のチャンスなのだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

フランケ&ハイデッケ ローライ E110

Dscn5599「テロ」「いじめ」「災害」、いつの時代も悪いニュースばかりが記憶に残る。しかし、割かしハートウォーミングな良いニュースも、時にはあるものだ。「フジテレビの秋元アナウンサー離婚協議中」、本格的な冬を前にした暖かいニュースだなあ。

拙僧は、およそ「女子アナ」という民族に興味は無いのだが、「ワイドナショー」で「山崎アナ」と入れ替える「秋元アナ」の日はちょっといい気分だった。拙僧が小学生や中学生の頃に、あんな感じの叔母さんが「ちょっとした大人の仕草」を見せてくれたら、何かと辛かった少年時代に一筋の希望を感じたろうな。なんだ、この話。

Image116「ロモグラフィー」という新興勢力が勃興した時、我々のようなオールドタイマーは眉をひそめたものだ。「ロモLC-A」?そりゃ、コシナのCX2のデットコピーだろ。しかも、肝心のギミックを大幅に省略したでっち上げ品。ポートレイト撮影をネオパンFで撮り、慎重に0号で焼いていた拙僧からすると、やれ「トンネル効果」だの「ピントの方ボケ」だのというのは、芯の無い短期的な流行だと確信していた。

しかし、フジフィルムのフィルム供給の終了で一度は完全に死んだ110判フィルムだが、なんと、あのロモグラフィーが復活してくれた。今でもアマゾンでカラーネガもモノクロネガも買えるし、フジフィルムも現像サービスは継続している。拙僧も普通にキタムラに出している。もっとも、モノクロネガを現像のみだが。

やはり、他人を色眼鏡で見るようなことをしてはいけない。何時、自分を助けてくれるかわからないからな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

ペンタックス スーパータクマー200mmF4

Dscn2176かなり前に話なのだが「翔んで埼玉」の復刻版が話題となった。復刻版というくらいだから前に発行されたマンガである。拙僧がまだ埼玉県のイルクーツク農業工業高等学校の電子機械科で、アンパンやって目の座っている連中を避けながら、裸で3人乗りの爆音オートバイに「ヒューヒュー」言いたかったのだが、電子機械科はハイソなクラスだったのでできなかった時代である。要するに30年も前のマンガだ。作者は「パタリロ」で、あまりにも有名な「魔夜峰央」さん。素晴らしくキレまくりで、勿論、BLのニュアンスを含んでいた。BLったって、その頃は露骨な性描写は無かった。同人誌は別だけど。いや、その露骨な性描写を一般流通誌で開拓したのが「魔夜峰央」さんや「高河ゆん」さんだったのだが、その話を広げると長くなるので割愛する。とにかく、それが小倉智昭さんの「とくダネ!」で紹介されていたので、軽くびっくりしてしまった。小倉さん読んだのかなあ。あれはBL寄りでっせ。

Image27埼玉県を今で言う「ディスっている」話なのだが、当時、これは埼玉県に所属す拙僧の周辺のマンガ好きに物議をかもし出した。拙僧が爆笑したのは曖昧な記憶だが「埼玉県人がミツコシで買い物をするとは何事か、セイユウで沢山だ」とか「埼玉県人に薬は贅沢だ。タンポポの葉でも噛んでおけ」という、相当打撃力のあるセリフが飛び交っていた。割と本気で怒りを露わにする方もいらっしゃったが、拙僧の友人は女子と一緒に「モーリス」や「アナザーカントリー」を観ている連中だったから、割と”流石「魔夜峰央」さん。キレ味鋭いよね”という好意的な評価が大勢だった気がする。無論、「モーリス」や「アナザーカントリー」を上映したのは、そのイルクーツク農業工業高等学校の視聴覚室だった。拙僧は上映には関与していなかったが、コメントかコラムを書いた。それを全校に配る司書広報に載せたのだ。繰り返し言うが、極めて貴重な女子の前でバタフライナイフをチャラチャラさせている連中がいたり、もっぱら校門の前にパトカーが待機していた高校である。

もっとも、拙僧の電子機械科は例外的にハイソだったので女子生徒も1/3くらいはいた。それに食品科学科とか生活科とか女子率が極めて高いクラスや女子のみのクラスもあったから、完全に男子校であったわけではない。拙僧はクラスの中では村八分になっていたからクラス内の女子には相手にされていなかったが、女子は好きだから女子率の高い美術部に出入りしたり、本の好きな女子を集めて図書同好会を作ったりしていた。勿論、拙僧が一人で作ったわけでは決して無いが、拙僧は司書の大人の女性に好意的に評価していただいていたから影響力は少なくなかったよ。拙僧が欲しい本は大抵買ってくれたしな。どういうわけか、「花の24年代組」系のコミックとか「吾妻ひでお」とかロシア語辞典を貰ったよ。もっとも、拙僧もうっかり買った「バブルガムクライシス」の冊子をツマンナイから図書館に寄付したりはしていたけど。21世紀の公立高校の図書館に「バブルガムクライシス」の冊子があったらどうでしょうな。

ちなみに、「翔んで埼玉」は連載時にも好評だったらしいのだが、肝心の「魔夜峰央」さんが埼玉県から外に引っ越しをすることになって辛くなって連載終了となった。というのが公式的な表明だったが、何かしらの政治的な圧力があったんじゃないかな。

ちなみに、埼玉県人よりも更に低い階級として「イバラギ」という単語も拙僧のツボをついた。常識的には「グンマ」なのではと思えるのだが、拙僧は関東が内戦状態になった時に群馬県人とは同盟を組んで戦争をしてもいいと思っていたので、妥当な選択肢だと思ったな。

この話、九州や四国の方が読んで面白いかなあ。

とにかく、コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

オリンパス XA2

Dscn9881稀にアクセス数を眺めたりするのだが、ありがたいことにSEOなんて全く意識していないのに、拙僧の稚拙なブログを多くの方々が観て下さっている。かなりメジャーなカメラをネット検索しても、かなり上位に拙僧のブログやコンテンツがヒットしてびっくりしてしまうよ。全く、皆様の温かい眼差しのお蔭である。

それなのにネガティブな発言で申し訳ないのだが、最近、ちょっと個人的なパワーバランスの配分ミスでブログやコンテンツの作成が滞り気味なのだ。なんとか週に2回の更新を続けてきたのだが、もしかしたら週に1回の更新になってしまうかもしれない。たかが拙僧のブログを読んで下さる方には申し訳ないのだが、ご了承いただきたい。

Image42さて、実際にスナップ撮影という戦争で戦っている方に評価が高いのが本カメラである。ギミック的にはXA(初代)の方が遥かに手が込んでいるのだが、実際の写りは本カメラの方を高く評価する方は少なくない。拙僧もそう思っていた。しかし、拙僧も複数のXA(初代)を運用したのだが、明確に写りの違う個体で撮影したと思われるネガがあった。もしかしたら、画像管理のカテゴライズにミスがあったのかと思ったのだが、横須賀与太郎殿によるとXA(初代)はロットによって写りの塩梅が大きく違うらしい。拙僧もその説に賛同だ。結果がそれを語っている。全く、米谷氏は天才設計者だな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

オリンパス XA(初代)

Dscn8510拙僧の曖昧な記憶ではJRがまだ国鉄だった頃に「乗客はバカだから国鉄側が客が何も考えなくても、それなりに困らないようにする」というようなことを言っていた気がする。かなり乱暴な言葉だが一理ある。もはや神聖化しかM谷氏の発想も似たようなところがある。M谷氏は自分の理想の主軸を、ある種勝手にユーザーはバカだから設計してやる、というところがあったと思う。拙僧が、そう確信したのは「OM707」のインタビューで「AF一眼レフを使うようなユーザーはバカだからMFは要らない」というような事を仰っていたのだ。実際、OM707が、どういうカメラだったかは拙僧のブログを読んでくださった方はご存知だろう。また、拙僧は八王子に住んでいたので、その筋の方からこぼれ話を聞いた。泣かされた社員も多かったらしい。

Image15それはそれで一理ある話だ。オリンパスの大失敗は神聖化した神のご判断によるところが少なくないのだが、今でも伝説を信じてオリンパスのフォロワーとなっている方は少なくない。オリンパスの企業としてのポジショニングの安定性とは無関係にだ。

それに、民主主義が必ず成功するとは限らない。傲慢な独裁者が時に国民を満足させることもある。拙僧にとってはXA(初代)はそういうカメラである。これだXA2になると民主主義の香りがする。

どちらが評価に値するのは自由主義の我々なら選択が可能である。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧